~カイルの小冒険その13~

突然二つの風を切る音がしてカイルの頭上で白い光と硬い音が弾けました。

ひとつは目の前の男の人が再び抜いた剣、そしてもうひとつは・・・・・・

「チッ、ガキかよ」

目つきの悪い男がカイルを睨み付けていました。
片手には嫌な感じのする剣を握っています。

「いきなり何するんだ」

黒髪の男の人が怒鳴りましたが、相手は聞いていない様です。

「ま、吸血鬼には違いない。おい坊主、このガキ置いてとっとと行きな」
「ふざけるな。子供相手に何する気だよ。
おい、何だかやばそうだ。お前は今の内に自分の家へお帰り」
「待てこのガキ!」

男の人達が打ち合っている隙に、カイルはほうほうの体でその場から逃げ出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です