~カイルの小冒険その7~

「きゃあぁぁぁぁっ!!」

まるで女の子の様な悲鳴を上げながらカイルが振り向くと、
知らない女の人がすぐ後ろに立っていました。

「あらあら、そんなに驚くことないでしょう?」

顔は笑っていますが、目が笑っていません。
何だか怒っているみたいです。
どうしたのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください