~カイルの小冒険その5~

「何やらブツブツ呟きながら女の人がすぐ傍を通り過ぎていきました。
こんなに近くにいるのにカイルに気づいていないのか、顔を上げようともしません。
ただひたすら何か言いながら歩き続けています。
何と言っているのでしょう?

「死ななきゃ死ななきゃ死ね死ね死ね死ね・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・」

カイルはその場から立ち去ることにしました」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です