~カイルの小冒険その34~

「・・・・・・えっ?!」

光がおさまった後の光景に、カイルはびっくりしました。
建物や男の人達がいなくなったどころか、ついさっきまで確かに月がきれいな夜だったはずなのに

今のカイルの頭の上には青い空と、吸血鬼の最大の弱点である太陽が燦々と輝いているのですから!
「あれ・・・?」
・・・でも、お日様を浴びても顔や手が焼け爛れたりなんてしません。
訳が分からず、カイルは広い草原の中にただ立ち尽くしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です