~カイルの小冒険その32~

「ラルク兄さん、待って下さい」

館からもう一人出てきました。

黒い瞳と、長く黒い髪。
そして黄金の髪の男の人を『ラルク兄さん』と呼んだその人は、何故だかどことなく懐かしい感じを覚えます。
この人は・・・・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です