電子レンジが壊れた

朝、相方が「レンジが温まらない」と言っている。
試しに水を入れたカップを入れて加熱してみるが、途中まで動くものの途中でエラーが出て止まってしまう。
全く温まっていない。
こいつぁ困った。
コンセントを抜き差ししてもダメ。
マニュアルを見ると、表示されたエラーメッセージは「サポートセンターに電話しろ」対象になっとる。
保証書を見ると、購入はちょうどあと数日で三年…

逝くのは早すぎるだろーーーーーー(TдT)

当然メーカーの保証期間は過ぎているが、簡単な修理で直るものならとサポートセンターに電話してみる。
修理対応の番号につなぐと、ナビゲーターはエラーメッセージを聞くなり、「あー、そりゃ修理ですね」と有無を言わさず修理する事に。
私としては、エラーメッセージの意味を教えて欲しかったのだが、「それは修理しないと直りませんから」の一点張りで押し切られてしまったorz

一度電話切った後、やはりもやもやするので、時間を置いてもう一度電話してみる。
さっきは修理対応の部署だったから、今度はトラブル対応の番号へつないでみた。
今回の人は、エラーメッセージを丁寧に解説してくれた。

「インバーターがダメになってると思いますので、修理しないと無理ですね」

ダメですか(´・ω・`)

って事で明後日修理に来て貰うことになりやんした。
高く付かないといいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です