カイルの小冒険40

それでもカイルが動けないでいると、

「吸血鬼には沁みる歌だよなぁ……」

カイルの小冒険40

いつの間にか、傍にこれまた知らない男の人がいて、しんみりと歌に聴き入っています。
燃える様な赤毛の、ちょっとガラの悪そうな人です。

「お前、こんな子供なのに吸血鬼なのか。哀れだな…。俺の子供時代もそりゃあ悲惨だったけど……」

何だか長い自分語りが始まりそうだったので、カイルは早々にその場から立ち去ることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください