お約束

あちこちで祭りになってますが、ご多分に漏れず行ってきました。

一日限定売り切れごめんの吉野屋の牛丼

最初は横浜に行こうと思ってたものの、混雑を考えて地元寄りの店へ。
14時過ぎだと言うのに、生で
吉野屋で行列なんて初めて見ましたよ
持ち帰りも店内の端で黒山になってるし。
牛丼最終日とどっちがすごかったんでしょー。
「あと60分待ち」と書かれたプラカードを掲げて列整理する店員さん、
お疲れ様でした…。

並んでいると、年配の夫婦連れが
「牛丼やってるの?」と訊いている。
yes、という店員の答えを聞いて

「よしっ」

と力強く頷いて列に加わったおいちゃん、眩しかったよ…。
「よーしパパ特盛り(以下略)」をリアルで見た気が。

それは兎も角、店外は列が出来ているものの、店内はガラガラと
まではいかないものの結構余裕がある。
「どうして入れないんだろう?もしかして肉の仕込みが足りないとか?」
とちょっと心配になっていた所、同じように思った人が店員に訊いている。
答えは、

「ご飯の炊きあがりが間に合わなくて…」

……足りなかったのは米の方だったか。
なので、ご飯が炊きあがった途端一気に列は流れ、15分くらいの
待ちでようやく待望の店内へ入れました。
外で並ぶ人たちの目の前に背を向ける席へ
背後の視線がイテーイテー

今日ばかりは特盛りも解禁なご様子。
そんな私は普通に並で。
久しぶりに食べた牛丼は美味かったです。
すき屋も好きだけど、ノーマルならやはり吉野屋で。

その後、横浜に出てついつい吉野屋覗いてみたら、
16時くらいだというのに長蛇の列

そんで20時頃、今度は昼間行った地元の店を覗いたところ、
店内は閑散、そして

牛丼は終了しました。の張り紙が。

祭りの後という感じ。
また暫く店内は閑古鳥が鳴いてしまうんだろうなぁ。
でも米国産牛肉妥協はイヤ-ン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です