~カイルの小冒険その6~

「「外の世界は変な人がいるんだなぁ…」

ボールを抱えつつカイルが暗い森をとぼとぼ歩いていると、

「見ぃつけた」

いきなり、背後から冷たい手が肩へと置かれました…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です