~カイルの小冒険その36~

意味ありげな言葉にカイルが戸惑っていると、

「お戻り下さい、カイル様」
静かな声が響きました。
再度カイルが振り向くと、

長い漆黒の髪をした女の人が、同じ色の猫を抱えています。

「この夢は貴方のためのものではありません。さあ、こちらへ」

カイルがどうしようと思っていると、ぐにゃりと世界が歪みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください