~カイルの小冒険その12~

『「えっ、子供…?!」

驚く声と共に剣はすぐに引っ込められました。

「ごめんよ坊や、大丈夫か?」

カイルと同じ黒髪の男の人がいます。

「また魔物かと思ってさ。さっきも狼男に襲われかけたし。…立てるかい?」

腰が抜けたまま動けないカイルへ手を差し伸べてくれた時…』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください