本当は恐い日本昔話(アニメ版)

再放送のアニメ日本昔話を、毎週欠かさず録画して見てるのね。
だけど、やっぱり残酷な話とか削除されちゃってるっぽい(‘A`)
一話目はほのぼの&明るめで、二話目は大抵残酷or暗めな話ばっかりだったはずなのに、今やってるのは二話目もめっちゃ明るい。
ちがーう、こんなん、幼少の頃見てたやつじゃなーい!ヽ(`Д´)ノ

…とか思ってたら、久々にカマされた。
先週の二話目は「おんぶ狐」。
母狐と死別した子狐が、幼子に化けて道を通る村人をばかしておんぶさせ、いつの間にか重い石とすり替わってからかう…といった話。
絵柄も音楽も可愛い感じで、
「ああまた二話目なのにほのぼの系かよ。しかし子狐かわいーな(´∀`*)きっと寂しいんだろうなぁ」
とか思いつつ見ていたら……

最後、その子狐は村人にとっつかまって、

「子狐は村人によってたかって殺されてしまいました (ナレーションby市原悦子)

(゚д゚)

おいおいおいおいおいおい!!!

その後、「あの狐はひどい悪さしたわけじゃなかったのに可哀想なことしたなー」と言う村人により、
稲荷神社が作られ、子狐を供養しました…で終わり

ちょっ、あんまりだろこれ…。
別の意味で泣きそうになりました
だってあの子狐、死に値するほど村人を酷い目に遭わせてないじゃん。
何か盗んだとか人を怪我させたとかじゃねーじゃんよぉぉぉ(TдT)

ホントに、「殺されてしまいました」のナレーションを聞いて、口があんぐり開いてしまいましたよ orz
絵柄に騙されたー。本当に本当にほのぼのした雰囲気だったのに、いきなり奈落に突き落とされた様な急転直下な展開。
やられたぜ日本昔話…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です