ジロリアン

鶴見の二郎へ行ってみた。
18時半くらいで、カップル一組並んでるくらいの混み具合。
隣には同じくラーメン屋の「大黒屋」の支店が新規オープンしてた。
が、こちらはこの時間で誰も客がいない。
大丈夫か…?(^_^;

さて二郎。
量が滅茶苦茶多いと聞いていたので、小ブタ(660)を注文。
トッピングを訊かれたので、ニンニクをお願いする。
二郎ラーメン

小だけど、通常のラーメン屋の量があります
醤油とんこつのスープは、最初は「ぬるっ!」と思った
けれど、麺を食べるために混ぜたらそこそこアツアツに。
5人前くらいまとめて作ってるせいか、麺もちょっと伸び気味な感が。
店の奥に製麺機があるので自家製麺っぽいのだが、なんつーか、
細いうどんみたいな食感で個人的にイマイチ。
野菜も茹ですぎでヘナヘナ。
チャーシューだけはウマイ!(・∀・)
とろける感じなバラ肉で、こいつぁ良かった。

で、同行者は大(680)を頼んでいたのだが、食べ終わりかけた私が
ふと横を見ると、全然麺が減っていない…
二郎のチェーンが体育会系に人気があるのが分かるなぁ。

しかし、全体的に店は汚い感じ…。
セルフサービスの給水器の水はマズイしコップも汚れてるし
テーブルは食べ終わった客が置いてある布巾で拭いて帰る形式のため
スープの油汚れや麺のかけらが飛び散ってます。(‘A`)

口の中が脂っこかったので、近くのコンビニでビール買って飲みながら帰りました。
(ダメ人間)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です