カイルの小冒険43

「じゃあ僕はこの辺で失礼します」

カイルは二頭に挨拶をして、くるりと背を向け、その場から走り出しました。

ところが、どうしたことか黒猫がついてくるではありませんか!
当然のなりゆきで、黒猫を追って狼までもが追いかけてきました!

子供とは言え、夜の吸血鬼です。
並の相手では追いつけない筈ですが、この二頭はタダモノでは無かったみたい。
余裕でついてきています。

「やっぱりおうちを出るんじゃ無かった…!」

今夜何度目かの後悔を噛みしめながら、カイルはひたすら森の中を駆け回りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です