カイルの小冒険39

とても綺麗な歌にカイルは聴き入ってしまい、思わず白い女の人の元へ行こうとすると、
新規キャンバス
「この歌は子供には早い。永い夜を生きる、我らだけのものだ」

そう言って男の人に止められました。
その人は、長い髪を前にも垂らしているから右の顔が隠れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください