オペラ座の怪人

観てきました。
平日だけど春休みだから混んでるかなーと思ってたの
ですが、公開から日数が経ってる事もありガラガラ

昔、原作が読みたくてタイトル名だけ書いて図書館で予約したら、

少年少女世界名作劇場「オペラざのかいじん」

と言う児童書が届いて(゚Д゚)ポカーンとなったのは今でも忘れない。
当時中学か高校生だったと思うが、
「違うっ!俺が求めてたのはこれじゃない!!こんなんじゃないんだぁぁ!!」
と、どこぞの料理漫画の主人公みたいな事を口走ってた気がする。

いやでも実はその児童書、絵が個人的に結構ツボで、あのお陰で
ますますこの作品好きになったから或る意味良かったなぁ。

で、その後ようやく文庫本の原作を借りて読んだんですがね。
オペラも観たいと思いつつ、未だに高値の花です(´Д⊂

まぁそう言うわけで、そんな好きな作品が映画化!と聞いた日には
とても楽しみでヽ(゚∀゚)ノ
で、映画の感想…。

うん、確かに「ミュージカルを完全映画化!」の謳い文句に嘘はなかった。
つーか、

まんまじゃん

映画だから、台詞は普通に喋ってくれ。
歌うなぁぁ。
いや、クリスティーヌやエリック(ファントム)だけなら、
「歌手っていかなる時でも歌で表現しなきゃいけないのかも」
とか思ってたんですが、ラウルは歌手じゃないし。
支配人までも歌いますか。あああ。

最初からミュージカル映画だと思って観れば楽しめるのかも。
まんま映画だとばかり思って観てしまったので私はちょっと
ダメでしたorz
歌声やセットは綺麗でしたー。
曲もサントラ欲しいと思うくらい。
「マスカレード」の曲が良かったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です